HOME>ホットトピックス>投資の時の銀行の融資体制などを考えることによって

利益をあげる

男女

新築アパート投資をしたら、家賃収入で収益を上げていく必要があります。家賃収入はインカムゲインですが、売却した時の利益はキャピタルゲインとなります。インカムゲインとキャピタルゲイン両方得るのは理想的ですが、建物価値は時間とともに落ちていくので、必ずしもキャピタルゲインが得られるとは限らないです。

土地価格の推移も

集合住宅

新築アパート投資をする時は、建物価値と土地価格のどちらも価格が下がる可能性を想定します。そのため、新築アパート投資をする時はインカムゲインを確実に狙う必要があります。収益物件に投資をする際には、売却する時の出口戦略を考える必要があります。動産投資をする際には、購入した時から売却するまでの状況を想定するのが大切です。

融資を意識する

間取り図

収益物件を売却しやすい時期として、銀行融資が盛んな時があります。 銀行融資が盛んな時に収益物件を売却して、他の新築アパート投資の資金にすることもあります。収益物件の売買をする時は、仲介会社に依頼するのが良いです。仲介会社に依頼すると、面倒な手続きなどを代行してくれたりします。仲介会社の手数料が低いと、収益物件で利益をあげやすくなってとても便利です。

売却する時の状況を

マンション

新築アパート投資は利益率が高くて人気があります。アパートは解体費用も安くて、売却する時には更地にすることもできます。不動産投資をする時は、アパートなどの建物を売却時に解体することも想定する必要があります。

広告募集中